皆さんこんにちは。

サラリーマン大家の昭島大家(@kodatetoushi)です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

レシートが1枚10円にかわるアプリ「ONE」

ワンファイナンシャル株式会社が運営しているレシートが1枚10円にかわるアプリ「ONE」に少し動きが出てきました。

私も公開した日にアプリをダウンロードしましたが、その時にはもうすでにレシート買取はストップしていました。

コンビニのレジ前にはレシート用ゴミ箱があって、多くのレシートが受け取られてそのまま捨てられています。

あるいは主婦で家計簿をつけている人はレシートを持って帰りますが、つけ終わった後はゴミ箱にポイっと捨ててしまうと思います。

そんな今まで無価値だったものをデータ化して価値あるものに変える可能性があります。

レシート買取アプリ「ONE」とは?

天才プログラマーとして注目されていた高校生、山内奏人さんが開発したONEは、ユーザーはアプリからレシートの写真を撮影するだけで、どんなレシートも1枚10円で買取してくれるちょっと面白いアプリです。

ユーザー1人あたりが1日に撮影できるレシートは10枚まで。

1日に100円、月で3,000円程度のお小遣いになるという事で、登録したユーザーが爆発的な数となっていました。

月に3,000円のお小遣いってこれはウケますよね!

1円単位の比較で安い商品を買う主婦は絶対やると思うし、中高生のお小遣いとしては凄く魅力的です。

最近じゃ小学生だってスマホ持ってますから、小学生だと消費、購買は限られてしまうから小学生だったらコンビニとかスーパーでレシート拾ってレシート買い取りするんじゃないでしょうか?

出金時には本人確認が必要で、ONEの運営側とすると、このタイミングで個人の属性データが取得でき、これと送られてきたレシートのデータと合わせて、決済データが欲しい企業へ提供する仕組み。

レシートからは金銭感覚や消費傾向がわかるため、取得した購買データを企業へ販売したり、特定のユーザーにクーポンを配信する事など考えているようです。

ところが!2018年6月12日に公開したこのアプリは、運営元の想定を遥かに超えた、公開16時間で7万人のユーザーと24万枚のレシート買取があったとの事で、その日のうちにレシートの買取を一時的にストップすることを発表。

アプリのダウンロードや登録自体はできるが、「再開時期は未定」となっていました。

現在は止まっていたレシート買取を、自身の名刺撮影や自宅にあるヘアケア商品の写真とアンケートなどの企業タイアップキャンペーンで少しずつ再開し始めているようです。


現状で行なっているサービスはいくつかの企業タイアップだけなので、
「どんなレシートでも買い取ってくれる」にはもう少し時間がかかりそうですね。


3B4AB342-AC75-49E4-9072-5B182E19B368

一度、名刺写真買い取りで150円で買い取って貰いましたが、買取キャンセルとなってしまいました。

私はコンサルティング会社に勤めているのですが、いくつか名刺を使い分けています。

買取キャンセルになったのは、コンサルティングでなく別事業の名刺だったので弾かれてしまったようです。

改めてコンサルティング事業の名刺撮影をして無事買取してもらえました。

名刺の場合は、アプリ登録の名前と同一かどうかや、名刺が本人のものかどうかを証明する為に2枚一緒に撮影するなど本人確認の為の仕組みでチェックしています。


633D8776-5423-4E9D-B012-2E0407A38D4B

企業タイアップはいくつか行っていますが、「1枚10円で1日10枚まで」のレシート買い取りは「本日の買取は終了しました」とのメッセージです。

毎日小まめに確認していますが、一度も買い取りへ進めた事はありません。

ツイッターではかなりの批判コメントが書き込まれています。

徐々に再開はしているんですが、まだかなりの批判がツイッターなど書き込まれています。 
 
・「アンケートがフリーズした」
・「当初の売り文句が実行されていない」
・「名刺情報買い取りって、レシートからかけ離れている」

など様々批判の渦中にあります。

レシートを買い取るという名目で、個人情報の取得をしていてサービスがストップしていたのが批判の原因となっているんでしょうね。

そして少しだけ再開しましたが、当初の1日10枚100円という人の心を引きつけた謳い文句と、現状の買い取り状況には大きく乖離が生じていますよね。

おそらくは、「1枚10円で1日10枚まで」は形を変えて、条件を改悪しながら再開をするのではないかと感じます。

まだまだ道のりは長く険しそうですが、個人的には何とか完全再開を目指して頑張って欲しいです。
 
スポンサードリンク