皆さんこんにちは。

サラリーマン大家の昭島大家(@kodatetoushi)です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、私の今後の不動産投資エリアについてです。

地場の不動産屋さん訪問

先日、妻と子供達を連れて不動産屋さんに行きました。

その時の様子はコチラ!!
投資に強い地場の不動産営業マン
 
今回のお目当ての物件は相模原市緑区のかなり外れにあるギリギリ平成築の戸建。
 
今回は緑区のエリア特性や賃貸需要などを物件回りをしながら教えてもらい、お目当ての物件は、現在、売主さんが居住中だった為、内見はまた、改めてとなりました。

今回のお目当て物件のスペック

物件の販売価格は390万円ですが、周辺の家賃相場を考えると諸費用、リフォーム代を含めた総予算は400万円が目標とかなり厳しいですが、不動産屋の営業マンから、指値が効きそうな話を聞いたので近く現地を見に行ってくる予定です。

400万円の根拠

今回の物件は緑区の中でも外れの地区になるので、緑区の中心地区よりは家賃相場はかなり下げる必要があると判断して50,000円なら借り手が付くかなと思います。
 
家賃50,000円×12か月=年間600,000円
 
年間家賃600,000円÷利回り15%=4,000,000円
(火災保険、管理費などは含んでいませんが。)

今後の橋本駅周辺エリアの動向

2027年に東京―名古屋間で開業を目指しているリニア中央新幹線の新駅が橋本駅に出来る予定です。
 
リニア中央新幹線は、東京―名古屋間を40分で結ぶ次世代交通システムで、橋本駅と品川駅は約5分~8分程度の所要時間なんだそうです。
 
周辺の相模川部分は、首都圏で地上を走行する数少ない箇所としての観光化も期待できる。
 
相模原市緑区鳥屋にはリニアの車両基地が建設される予定。

とかなりの田舎ではあるものの、車両基地の建設で、多少の賃貸需要も見込めるかもしれません。

また、このエリアは駐車場はマストですし、橋本駅からのバスルートからの徒歩圏物件を重要視してみて行こうかと思っています。

今回の物件を購入するかどうかは微妙なラインですが、今後は自宅から車で1時間以内で行ける、相模原市緑区の500万円以下、利回り15%スキームの戸建を買い進めていきたいと思っています。



スポンサードリンク