皆さんこんにちは。

サラリーマン大家の昭島大家(@kodatetoushi)です。

いつもご覧いただきありがとうございます。
4F6855E0-ADF7-436B-A9A9-C25C0769DB97

2018年は「副業解禁元年」と言われました

理由は、これまでは厚生労働省が作る「モデル就業規則」において「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という遵守事項があり、副業禁止の根拠になっていました。

しかし「モデル就業規則」の改定によって「労働者は勤務時間外において他の会社等の業務に従事することができる」という規定が新設されました。

国の動きに合わせて、各企業が副業や兼業を容認・推進する方向に動き始めた為、「副業解禁元年」と言われました。

近年では、ロート製薬やヤフー、サイボウズ、新生銀行などが副業を会社として認める方針を発表しているようです。

社員の「週末起業」、「社内副業」、「フリーランス」、「他社雇用」などの副業推進をしている会社が数多くあります。

副業にあたっては、競合ではない仕事、過重労働の防止、会社に迷惑をかけないこと、本業に悪影響が出ないことなどを守る事を条件としている会社が多いようですね。
8EFAF02C-EF20-4077-8A8A-A342B80FFC42

こんな副業をやっています

世の中が変化していく中で、私はと言うと。。。

ごくごく普通のサラリーマンですが、いろいろ副業やっています。

私はこんな副業をやっています。

◯中小企業サラリーマン(年収+出張手当)

①社内副業(本業から許可を得ている関連会社でのアルバイト)

②不動産賃貸業(区分マンションと戸建)

③太陽光売電(自宅屋根)→副業ではないけど収益化。

④ブログ(アドセンス・アフィリエイト)→まさかの電子書籍出版の提案あり。



まだまだ収益化出来ていない事も含めると、私はサラリーマン以外に4つの収益の入口があります。

ただし現状は入口があるだけで、実際はサラリーマン収入が圧倒的に大きいし、はっきり言って他はまだまだ収益の柱と言えるレベルではありません。

サラリーマン収入を10とすると、その他の合計で1か2くらいなので、今後はその他の副業を大きく育てて行こうと日々実践中です。
8A5519B3-A8FF-4697-B9DF-E6BD06E256B9

副業の意外なメリット

私が副業を始めた理由は、①サラリーマン以外の収入を得たい②副業の経験・体験を得たいの2つだったのですが、実際にやってみると私にとって想定外に大きなメリットだったものがあります。

それは本業のサラリーマンの仕事での「ストレスの軽減」です。

多くの人の人生において仕事はかなり大きなウェイトを占めています。

1日の1/3にあたる8時間という時間を過ごし、自分と家族の生活を支える収益を得るのが仕事だからだと思います。

どんな仕事をしていてもプレッシャーやストレスはきっと誰にでもあるはず。

私の場合は、恵まれた事に働いている会社の考え方が自分に合っているのでサラリーマン卒業は全く考えていないし、これからも仕事を続けていこうと思っていますが、それでも日々、プレッシャーやストレスを感じています。

副業は儲かっていればもちろん良いですが、現状で儲かっていなくても本業のプレッシャーやストレスを分散し支えてくれます。(損失を出している状態では精神衛生上良くないですけどね。。。)

サラリーマンの仕事が全てではないというだけで全然違います。

そういう意味でサラリーマンの副業はとってもおススメです。
96DDBE34-98FC-40F6-8708-D765CF321DFF

副業の最大難関

副業は今を楽しく生活を豊かにしてくれますが、それだけでなく新たな収益に繋がる未来投資でもあります。

2016年まで13年間完全サラリーマン一本だけだった私ですが、2017年に不動産物件を所有してから2年で不動産以外の収益の入口が複数出来ました。

副業は次の収益へ繋がっていきます。

しかし、副業の最大難関は最初の一歩です。 

それを一歩を踏み出すと人生はちょっとだけ変わります。

ノーリスク、ローリスクな副業もたくさんあります。

もし迷っている人がいるなら、ぜひ勇気を出して一歩を踏み出してみましょう!

最後の一押しが必要なら背中を押しますよ(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。 
スポンサードリンク