皆さんこんにちは。

サラリーマン大家の昭島大家(@kodatetoushi)です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

09C29DD0-A4FB-4884-B6B8-9E1518991E90

収益物件2戸目となる築古戸建を購入

2017年11月に収益物件2戸目となる築古戸建を購入しました。

1戸目の新築区分ワンルーム購入後も様々な不動産投資セミナーへ参加していましたが、どのセミナーでも『新築区分のローンが重いので売却しましょう!』と言われてしまいました。

しかし新築区分を購入してすぐだったので、その時はとても売却は考えられませんでした。

ようやく不動産投資のスタートを切った私は、物件購入に早速行き詰まってしまったのです。

物件購入に行き詰まった原因は??
東京都内新築ワンルームマンション買って不動産投資始めました。

手詰まり状態の時に築古戸建投資に進むきっかけになったのは某収益不動産ポータルサイトで集客をしていた築古戸建投資セミナーです。

このセミナーの開催者は少し変わっていて不動産販売会社主催ではなく自身も不動産投資家の2人組が主催するセミナーでした。

セミナーは築古物件の再生コンサルという内容で、

①物件探し
②契約・購入
③リフォーム
④最初の入居付け

上記を一貫してサポートしてくれるというものでした。

最初の区分ワンルームは正直、書類を書いただけで何のノウハウも学ぶことができなかったので、購入から入居付けまでのサポートは非常に魅力的に感じました。 

すぐにアポイントを入れ追加の説明を受けその場で契約をしました。

この時、購入した2戸目の築古物件は千葉市、再建築可、物件購入価格280万円(登記費用、仲介料、印紙代込み)、リフォーム代160万円(内装、外装、水回り全て新品交換)で440万円で物件を仕上げてもらい、募集賃料は55,000円で現在、募集を開始した所です。

※コンサル料は自身の授業料と考え、上記に含めていません。

これで入居が決まれば利回り15%となる予定です。

築古戸建としては良くある利回りですが、成功している投資家のノウハウを実際に見ながら入居付けまで経験出来たのは本当に良い経験となりました。

物件購入にしても、リフォームにしても自分一人では絶対にできないようなやり方でとても面白かったですよ。

物件探し、契約・購入、 リフォームやこの物件購入に使った公庫融資については改めて書きたいと思います。

不動産投資初心者が築55年戸建のリフォームやってみた。

■昭島大家のオススメ不動産投資本


 
 
戸建のDIY再生による不動産投資-家族と一緒に楽しくDIYしながら家賃収入を得る法



スポンサードリンク